@nifty
DailyPortal Z
DailyPortal Z

コネタ道場(2006年6月)

« 2006年5月 | コネタ道場トップにもどる | 2006年7月 »

純文学『タケダシンヤの恋』 (2006.06.30)

タケダシンヤの恋の行方は!?ざんぎょうさんは黒帯認定です!



かどけし(※もう一息!) (2006.06.29)

あの“かどけし”を自作。途中からオネエ言葉になっています。



光を求めてルームランプ (2006.06.28)

これはもはや、アートです。小柳さんは黒帯認定です!



ケータイでかな入力のまま「TIME」と入力すると(※もう一息!) (2006.06.27)

意外なものに変換されます。他の日の日記もオモシロイヨ。



ペットボトル上の世界 (2006.06.26)

「オリジナルのボトルキャップをつけてお出かけすれば気分は最高!」です。



エアロビでごみ問題を考える(※もう一息!) (2006.06.25)

飛んだり跳ねたりしながらゴミ問題について考える、わけではありません。



1万歩歩け!〜夕方の近鉄京都線編〜 (2006.06.24)

万歩計片手に京都の町を歩きます。スタート地点は五重塔。



すごく重いリプトン(※もう一息!) (2006.06.23)

リプトンの箱とタイルの相関関係を心眼で探っています。半眼でもいい。



福を探しに (2006.06.22)

「福」駅はどれだけ福々しいのか!? 「ヒットソング歌誇島(かごしま)」とは!?



注文がきたよ (2006.06.21)

折り箱やさんがレポートする「箱ができる過程」。最後に意外なしかけも。



ワールドカップ・フィーバー!イングランドの街かどから(※もう一息!) (2006.06.20)

W杯フィーバ−ぶりをイギリスの街角からレポート。



もずくを食べる (2006.06.19)

和、伊、仏ともずく料理を追及。最後のゼリーはこわい。



絵コンテブログ(※もう一息!) (2006.06.18)

酔って帰ってきた姉が…。味わい深い画風をお楽しみください。



近鉄京都線走行列車の、形式別ロングシートの肘掛具合 (2006.06.17)

実際に肘をかけて使い勝手をレポート。バーの曲線が美しい。



日本一短い鉄道とはにわの博物館(※もう一息!) (2006.06.16)

日本一短い鉄道とは「東成田駅〜芝山千代田駅」間の2kmを結ぶ鉄道なのです。



遠近法に恋する (2006.06.15)

風景の中心でシャッターを押す。シンプルながらグッとくる作品です。



緊急指令! 密林に咲く宝石「ヒスイカズラ」を鑑賞せよ!(※もう一息!) (2006.06.14)

妖艶なエメラルドグリーンです。自然界のマジックです。



冷たいビールが飲みたい (2006.06.13)

出張先の旅館に持ち込んだビールをいかに冷やすか。ほろ酔い真剣勝負です。



糸通しに描かれているのは誰?(※もう一息!) (2006.06.12)

電気グルーヴの『誰だ!』でもおなじみの、あの横顔。手芸メーカーからの回答は…!?



方言が好き (2006.06.11)

ニッポンの方言を大調査。コネタ道場よりも言語学の学会に発表すべき大作です。



駅前で探検!(※もう一息!) (2006.06.10)

ケーブルカーで行く駅前探検の旅。最後は廃墟とバリウムの話です。



その工場は小エロでいっぱい (2006.06. 9)

工場勤務の人妻が職場で見つけた小エロをレポート。偶然にしてはあまりにも…。



巨大! 見落とさせない標識(※もう一息!) (2006.06. 8)

平田、意外とでかい。道路標識も、意外とでかい。



「恥ずかしがりやの穴」探し (2006.06. 7)

正確に言えば元「穴」。もう後戻りできない境地に達しています。



各線「さんのみや駅」(※もう一息!) (2006.06. 6)

関西にお住まいの方には常識かもしれぬが、「さんのみや駅」はたくさんあるのだ。



「へんなシーサー」を探す (2006.06. 5)

鈴木さんが泣きそうになりながら綴りました。センチメンタルな小旅行です。



全てがテトリスになる(※もう一息!) (2006.06. 4)

ニンテンドーDSのテトリスに夢中らしいです。イラストがうまい。



表参道でパソコンを撮る (2006.06. 3)

ニフティだけに富士通の宣伝っぽいですが、主役はコンパニオンです。



落ち込む人びと(※もう一息!) (2006.06. 2)

僕らの住む街がこんなに暗かったとは…。さあ、一緒に落ち込もう。



客観的視点で自画像を (2006.06. 1)

「理想の自画像」を描くためにデザインフェスタへ。こりゃあ面白い。